50代向けのマッチングアプリってない?

50代 マッチングアプリ

50代になっても恋愛、結婚願望を持つ男女は多いです。しかし、一般的にみると50代からの恋活、婚活を成功させるのは至難の業といわれています。

 

それでも素敵なパートナーがほしいという方におすすめしたいのがマッチングアプリです。マッチングアプリは自宅から恋活、婚活ができるアプリとして、近年大きな注目を集めています。

 

今回は50代の方におすすめしたいマッチングアプリの紹介と、50代からの恋活、婚活のコツなどを解説します。

 

 

50代におすすめのマッチングアプリ4選を解説!

今やマッチングアプリは50代の男女も利用するようになりました。しかし、初めてマッチングアプリを利用する方は、おすすめのアプリなどがわからないことが多いです。

 

そのような方に向けて、50代におすすめのマッチングアプリを4つまとめましたのでご紹介します。

 

 

マッチ・ドットコム
マッチ・ドットコム

 

世界最大級の恋愛・結婚マッチングサイトであり、日本でも180万人以上の会員がいるマッチ・ドットコム。1995年にサービスを開始した老舗ということもあり、安全度や信用度もトップクラスです。会員全体の総数が多いため、自然と50代の男女も多く登録しているのが魅力的です。

 

また、年収1,000万円以上など、社会的地位が高い方も登録しているなど、会員の質も非常に高くなっています。

 

マッチ・ドットコムは世界24ヶ国でサービスを提供しているため、日本人パートナーはもちろんのこと、海外の男女にアプローチをかけることも可能です。国際恋愛、国際結婚に憧れを持つ方にもおすすめできるマッチングアプリといえます。

 

プラン 月額料金
無料会員 無料
1ヶ月会員 3,980円(税込)
基本プラン 3ヶ月会員 2,793円(税込)
基本プラン 3ヶ月会員 2,467円(税込)
基本プラン 12ヶ月会員 1,750円(税込)
バンドルプラン 3ヶ月会員 3,267円(税込)
バンドルプラン 6ヶ月会員 2,700円(税込)
バンドルプラン 12ヶ月会員 2,200円(税込)

 

 

>>マッチ・ドットコムの公式サイトはコチラ

 

華の会メールBridal
華の会メールBridal

 

中高年が選ぶ出会い応援サイトにて、堂々の1位を獲得した華の会メール。華の会メールは、サイト内にて「30歳未満の方のご利用はご遠慮願います」という注意書きが記されています。このことからもわかるように、華の会メールは30代以降の中高年世代が恋活、婚活に取り組むにはぴったりのマッチングアプリといえます。

 

女性は完全無料で利用可能、男性は登録時に1,500円分のポイントがプレゼントされますので、お試し利用がしやすいのも大きなメリットです。

 

多くの会員は結婚を希望しているため、まじめな恋愛、結婚願望を持つ方にはおすすめです。足跡機能、掲示板機能などを駆使して、素敵なパートナーを探していきましょう。

 

掲示板に投稿する 10ポイント (※1日1回無料)
女性の掲示板を見る 2ポイント
女性のプロフィールを見る 2ポイント (※初回閲覧から60日間は0P)
女性の画像を見る 6ポイント
女性へメール送信 10ポイント
女性からのメール受信 0ポイント
女性からのメールを見る 2ポイント (※開封済みのメールは0P)
送信メールの既読チェック 25ポイント
足跡履歴の削除 2ポイント
ピックアップ枠への掲載 30日間10ポイント
プロフィール変更 0ポイント

 

 

>>華の会メールBridalの公式サイトはコチラ

 

 

 

マリッシュ(marish)
マリッシュ(marish)

 

幅広い年代から支持を受けている優良アプリのマリッシュ(marrish)。マリッシュでは「歳の差婚」「熟年婚」「再婚活」などを応援しているプログラムも提供されているため、50代の方も恋活や婚活に取り組みやすい環境が整っています。

 

バツイチ、シングルマザー、シングルファザーに該当する方には、特別特典などのキャンペーンも開催しており、離婚経験者を支援するマッチングアプリの代表的存在になりつつあります。

 

24時間365日体制の監視体制に加えて、本人確認などの審査も行っているため、安心、安全な恋活、婚活を求める方にもぴったりです。

 

プラン 月額料金
有料会員(男性のみ) 2,980円(税込)
プレミアムプラン(男性のみ) 2,500円(税込)

 

 

>>マリッシュ(marish)の公式サイトはコチラ

 

 

 

Pairs(ペアーズ)
Pairs(ペアーズ)

 

会員数が国内最大級の700万人(※2018年6月時点)を誇るPairs(ペアーズ)。多くの男女がPairsを利用しているため、素敵な出会いが見つかりやすいのが大きな魅力です。

 

Pairsにはコミュニティ機能と呼ばれるサービスがあり、共通の趣味や興味などを持つ方とつながりやすいという特徴があります。コミュニティ機能は使い方も簡単であるため、スマホの操作が苦手な方でも参加しやすいのが大きなメリットです。

 

アプリ内には「恋愛Q&A」というコーナーも設けられており、50代の恋活、婚活に関するお悩み情報や解決策も掲載されています。恋活、婚活のやり方がわらかないという方は、これらのサービスもフルに活用しながら、素敵な出会いを見つけていきましょう。

 

プラン 月額料金
有料会員(男性会員限定) 3,480円(税込)
プレミアムオプション(男性会員限定) 2,980円(税込)
レディースオプション(女性会員限定) 2,900円(税込)
プライベートモード 2,480円(税込)

 

 

 

>>Pairs(ペアーズ)の公式サイトはコチラ

 

 

 

今、50代の恋活・婚活市場は活発化している!

 

現代社会は初婚時の年齢が遅くなる「晩婚化」が大きく進みつつあります。今、それに伴って50代の恋活、婚活市場が活発化しています。つまり、現在アラフィフ世代に該当する方は、努力ひとつで素敵な出会いに恵まれる可能性が高いということです。

 

では50代の恋活、婚活市場が盛り上がっている理由はどこにあるのでしょうか?ここではその主な要因を2つまとめましたのでご紹介します。

 

未婚率の上昇

近年は50歳になった時点で一度も結婚をしたことがない「生涯未婚率」の割合が上昇傾向にあります。厚生労働省が公表している資料によると、生涯未婚率の推移は以下のようになっています。

 

男性 女性
1995年 9.0% 5.1%
2000年 12.6% 5.8%
2005年 16.0% 7.3%
2010年 20.1% 10.6%
2015年 24.2% 14.9%
2020年 26.6% 17.8%
2025年 27.4% 18.9%
2030年 27.6% 18.8%
2035年 29.0% 19.2%

※2010年までの割合は「人口統計資料集(2013年版)」、2015年以降は「日本の世帯数の将来推計」より抜粋
【参考】厚生労働省「図表1-1-2 生涯未婚率の推移

 

ご覧のように年々、50歳までに一度も結婚を経験したことがない方の割合は増えています。これら一度も結婚を経験したことがない方の中には、今も頑張って素敵なパートナーを探しているという方もいます。

 

また、若いころに恋愛や結婚に興味がなかった方も、40代、50代と年齢を重ねるにつれて老後を一緒に過ごせるパートナーがほしいという気持ちになります。これが現在、50代の恋活、婚活市場が活発化している要因のひとつです。

 

離婚率の上昇

50代の恋活、婚活市場が盛り上がりをみせる背景には、熟年離婚の増加も関係しています。厚生労働省が公開しているデータによると、50歳以上の離婚率は昭和50年以降、夫、妻ともに上昇していることがわかっており、平成28年は夫22%、妻14.7%という結果に。
【参考】厚生労働省「人口動態統計 P35 夫・妻の年齢階級別にみた離婚件数構成割合の年次推移−昭和25年〜平成28年−

 

一般的に50歳以降の夫婦は、子どもの独立や結婚などによって、夫婦水入らずの時間を過ごすには適した時期です。しかし、近年は子どもの独立などをきっかけにして、第2の人生をスタートさせたいという方も多く、50代以降に離婚を選択する夫婦も少なくありません。

 

50代の離婚率が高いということは、50代の独身者が多くなるということですから、必然的に恋愛、結婚対象になる層は増加することになります。そして、これら熟年離婚を経験した方たちも「人生、最後のパートナ探しを」という気持ちを持っていますから、自然と恋活、婚活市場も大きな盛り上がりをみせることになります。

 

【50代】マッチングアプリの正しい選び方4つを解説

前述のように現在の50代はひと昔前よりも、素敵なパートナーと巡り合える可能性が高くなっています。とはいっても20代、30代の若年層世代と比較すると、独身者の数は圧倒的に少ないです。

 

そのため、恋活や婚活目的でマッチングアプリを利用する場合も、正しい選び方を意識しておく必要があります。ここでは50代の方が覚えておきたい、マッチングアプリの正しい選び方を4つご紹介します。

 

同世代の会員数が多いアプリに登録する

50代 マッチングアプリ

50代の方がマッチングアプリを利用するときは、「会員数が多い」「同世代の男女が多数登録している」などの特徴を持つマッチングアプリを選びましょう。

 

理由は先ほども解説したように、50代は若年層世代と比較すると独身層の割合が少ないためです。男前な外見、スタイル抜群の美女でも恋愛、結婚対象者となるお相手候補が少なければ、素敵な出会いに恵まれる確率は低下します。そのため、少しでも会員数が多いマッチングアプリに登録することは重要な要素です。

 

また、単に会員数が多いだけではなく、同世代の男女が多数登録しているというのも大切なポイントです。やはり恋愛、結婚対象の候補に入るのは自身とある程度年齢が近い方が圧倒的に多いため、同世代の会員数はしっかりとチェックしておきましょう。

 

参考までに、優良マッチングアプリのひとつであるPairs(ペアーズ)には18万人を超える50代の男女が登録しているといわれています。

 

 

安心・安全な運営体制が整っているアプリに登録する

マッチングアプリはスマホ1台で恋活、婚活ができるのが大きな魅力です。しかし、インターネット上でパートナー探しを行うときは、セキュリティ面には十分に注意しておかなければなりません。セキュリティ面が整っていないサービスを利用すると、最悪の場合、個人情報の漏えいなどが起きる可能性もあります。

 

また、アプリ内のパトロール体制が甘いマッチングアプリは悪質な会員が多いことも予想されるため、嫌がらせや攻撃的なメッセージを送られることもあります。このような被害があると、恋活や婚活に集中できなくなります。そのため、マッチングアプリを利用するときは、必ず安全性が高いところを選ぶようにしましょう。安全性が高いマッチングアプリには、以下のような特徴があります。

 

  • 運営歴が長い
  • 24時間365日体制の監視体制
  • 本人確認、年齢確認あり

 

運営歴が長いマッチングアプリ、いわゆる老舗アプリは、それだけで信頼度がアップします。なぜなら、評判が悪いマッチングアプリはユーザーも登録を避けるため、短期間で閉鎖に追い込まれる状況になるからです。運営歴が長いということは、登録会員からの支持も厚く、毎日多くの新規ユーザーが登録してくる証明でもあります。

 

また、安全性が高いマッチングアプリは悪質な会員を排除するために、24時間365日体制の監視体制を敷いていることが多いです。その他、法律で定められた本人確認や年齢確認の有無もしっかりと確認しておきましょう。

 

 

恋愛・結婚に対して真摯に向き合っている会員が多いアプリに登録する

50代 マッチングアプリ

マッチングアプリに登録する50代の男女の大半は「真剣交際」「結婚」を考えています。そのため、パートナー候補を探すときも、恋愛、結婚に対して真剣に向き合っているお相手にアプローチをかけていくことになります。

 

このとき、登録している会員のほとんどが遊び目的だった場合はどうなるでしょうか?当然ですが、真剣な恋愛や結婚を目的とした交際に発展する確率は非常に低いです。まじめな恋愛、結婚を目的として、マッチングアプリに登録する場合は、自身と同じような考えを持っている会員が多く集まるアプリを選ぶようにしましょう。これだけで希望どおりのお相手が見つかる可能性はグンと高まります。

 

 

複数の優良アプリを掛け持ちする

50代 マッチングアプリ

50代からマッチングアプリを利用する場合は、予算の許す限り複数の優良アプリを掛け持ちするようにしましょう。これは、先ほども解説したように、50代の場合は同世代の独身者が少ないためです。

 

大手のマッチングアプリには他のアプリよりも多くの会員が登録しています。しかし、マッチングアプリ業界全体を見渡してみると、登録会員は45歳を境に一気に減少する傾向があります。そのため、1社のみだとパートナー候補となるお相手が見つからなかったり、恋活や婚活が長期化する可能性も。このようなときに複数のアプリを掛け持ちすると、パートナーの候補数も自然と増えるため、効率的な恋活、婚活が可能になります。

 

掛け持ち作戦は「50代でもう後がないから、早めに素敵な出会いを見つけたい」と希望する方には適しているといえるでしょう。

 

【50代】マッチングアプリでマッチング率を高める3つのコツ

希望するマッチングアプリに登録したら、次はプロフィール情報登録などの作業が待っています。登録後に細かい箇所まで丁寧な情報を記載することで、他の会員よりも目立つことが可能であり、マッチング率向上の効果も期待できるようになります。

 

しかし、マッチング率を高めるコツなどを知っている方は少ないでしょう。ここでは、マッチングアプリにて、お相手から反応を得やすくなるコツを3つまとめましたのでご紹介します。

 

プロフィール写真はできるだけ顔写真を使用する

50代 マッチングアプリ

プロフィール写真は男女とも、自身の顔写真を使用するようにしましょう。

 

複数のマッチングアプリを見ていると、プロフィール写真が顔写真になっていない方は多いです。顔写真を掲載しないのは「恥ずかしい」「不特定多数の人に自分の顔を見せるのは嫌」など、さまざまな理由があります。しかし、マッチングアプリにて顔写真を使用しないのは非常にもったいないことです。なぜなら多くの会員はお相手を探すとき、最初に外見が気になってしまうからです。

 

恋愛、結婚に外見や容姿は関係ないともいわれますが、やはり多くの方は、ある程度の雰囲気がわかる写真が掲載されていたほうが安心します。雰囲気がつかめる写真を使用することで、多くのユーザーから「いいね!」などももらえるようになり、注目度も上昇していきます。そのため、特別な事情がない限り、プロフィール写真には顔写真を使うようにしましょう。マッチングアプリで使用する顔写真ですが、以下のような点に注意してください。

 

【男性】
  • 自撮り写真はできるだけ避ける
  • 清潔感が感じられるような写真を使う

 

【女性】
  • 過度な加工はNG
  • 肌を露出しすぎた服装などはNG

 

まず男性ですが、自撮り写真はできるだけ控えるようにしましょう。と、いうのも女性によっては、男性の自撮り写真はナルシストに感じてしまうからです。そのため、マッチングアプリで使用する写真は誰かに撮影してもらったものを使用しましょう。

 

また、女性についてですが、過度な写真加工はNGです。最近はプリクラのように写真を加工できるアプリなども大人気ですが、加工前の写真とは明らかに別人に見えるものを使うのは絶対にやめましょう。これは、実際に会ったときに、お相手の方を困惑させてしまう可能性が高くなるからです。

 

自己紹介文には多くの情報を記載する

50代 マッチングアプリ

マッチングアプリに登録したら、プロフィールにはできるだけ多くの情報を詰め込むようにしましょう。自身のことを紹介する情報量を多くすることで、相手に興味を持ってもらえるきっかけにもなりますし、共感されやすくなります。

 

たとえばですが、プロフィールに一言「よろしくお願いします」としか記載されていない会員と、「年収」「趣味や好きなこと」「恋愛や結婚に対する考え方」など、多くの情報が詰め込まれている会員がいるとします。一言しか記載されていない会員のプロフィールを見ても「どのような人かわからない」という感情を強く抱きます。一方でプロフィールがしっかりと記載されている会員の場合は、「趣味や好きなことが私と同じ!」「誠実な印象を受ける!」といった反応を得やすいです。人は自身と近い境遇や立場の人に親近感が湧きやすいです。

 

このような理由からマッチングアプリではできるだけプロフィール情報を充実させておくことが推奨されています。ただし、1点注意しておきたいのは、デメリットになる情報は記載しないことです。マッチングアプリには多くの男女が登録していますので、デメリットを記載すると最悪の場合、別のお相手を求めて離れていってしまう可能性があります。

 

正直なのは非常に良いことですが、パートナー探しを行うときは自身の価値を下げるような情報を素直に書く必要はありません。お互いの関係が深まってきたときに告白し、相手から理解を得るか、もしくはそのデメリットを克服できるように努力してみましょう。

 

恋愛・結婚に対してまじめに考えていることをアピールする

50代 マッチングアプリ

マッチングアプリは恋愛、結婚に対してまじめに考えている男女が多いです。しかし、中には遊び半分の目的で登録してくる会員もいます。このような遊び目的の会員の影響で、まじめな恋活、婚活をしている方たちも慎重になるため、お相手とコンタクトをとるときにはプロフィール情報を閲覧することがほとんどです。

 

このとき、プロフィール情報にまじめな出会いを求めている旨が記載されていると、他の会員も安心しやすいです。逆に何も記載がない場合は、「遊び目的で登録しているのかな?」といった感情を抱きやすいため、素敵な出会いに恵まれる確率は低くなります。

 

プロフィール情報には「真剣な交際を望んでいます」といったように、まじめさや誠実さが伝わるような文言を入れておきましょう。

 

50代の恋活・婚活を成功させる6つのコツ

 

最後に50代の恋活、婚活を成功させるためのコツを6つまとめましたのでご覧ください。

 

「ちょっと気になるな」というお相手がいたら積極的にアプローチしていく

50代 マッチングアプリ

マッチングアプリには多くの男女が登録しているとはいえ、50代の会員数は若年層と比較すると少ない状態です。そのため、マッチングアプリを使用した恋活、婚活では「ちょっと気になるな」というお相手を見つけたら積極的にアプローチをかけていきましょう。

 

特にまじめな恋愛、結婚を考えている方の場合、アプローチをかけるのは本命候補のみという方も多いです。もちろんこのような方法でも問題はありませんが、マッチングアプリには多くの男女が登録していますので、本命候補と上手くいく保証はどこにもありません。

 

頑なに本命候補に絞った恋活、婚活を行っていると、同年代の方に先を越される可能性もあります。50代という年代の恋活、婚活は、いわばラストチャンスといえるようなものであり、残された時間などはそう多くはありません。そのため、お相手探しをしているときに、少しでも気になる方がいた場合は、積極的にアプローチをかけていくようにしましょう。また、50代の場合は、女性からも積極的に連絡を取り合ってみることを推奨します。

 

 

できるだけ40代・50代・60代の層にアプローチをかけていく

50代 マッチングアプリ

50代のマッチングアプリ利用で効率的に結果を出すには、40代、50代、60代の層にアプローチをかけていくことです。具体的には男性であれば40代、50代の層、女性は50代、60代の層へのアプローチです。

 

一般的に男性は同い年から年下の女性を希望する傾向にあり、女性は同い年から年上の男性を好む傾向にあります。
もちろんこれはあくまでも一般論であり、中には逆のパターンも存在します。しかし、逆パターンや明らかに年代が異なる層で結果を出すのは簡単なことではなく、恋活や婚活が長期化する可能性も高くなります。とことん自分の希望に合致したパートナーを見つけたいという方であれば、問題はないかもしれません。しかし、「50代で早く落ち着きたい」「早めに婚活を終わらせて楽をしたい」という場合は、アプローチをかけていく年齢層も意識しておくとよいでしょう。

 

 

バツイチ・離婚経験者の方も視野に入れる

50代の恋活、婚活はバツイチ、離婚経験者の方もパートナー候補に入れるようにしましょう。前述のように近年は熟年離婚の件数も増加傾向にあり、50代で離婚を経験している方は多くなっています。そのため、離婚経験者の方を対象から外してしまうと、パートナー候補が大きく減少する可能性も高いです。

 

現代社会はひと昔前と比べると、離婚に後ろめたさを感じることは少なくなりましたが、依然として離婚経験者に抵抗を抱く方も存在します。しかし、50代の恋活、婚活で離婚経験者を候補から外してしまうと、パートナー探しが長期化する恐れも。

 

離婚経験者でも一度コミュニケーションをとると、気が合ったり、親近感が湧いたりするなど、気持ちに変化が現れることも多々あります。固定観念にとらわれることなく、柔軟な姿勢で恋活、婚活に取り組んでみましょう。

 

 

高すぎる理想は捨てる

50代からの恋活、婚活はある程度の妥協も必要になります。と、いうのも50代という年代は独身者が圧倒的に少なく、理想の条件を持つ男女はすでに結婚をしていることが多いからです。特に一度も結婚をしたことがない方や恋愛経験が少ないという方は、相手に求める理想が高くなる傾向にあります(例:年収1,000万円以上、芸能人のような容姿など)。

 

しかし、先ほども触れたとおり、高い理想に合致した50代の男女は圧倒的に少ないため、恋活、婚活が進まない可能性が高くなります。その結果、50代のうちに素敵なパートナーを見つけられなかったという状況に陥ることも。早めに恋活、婚活を終わらせたいという方は、ある程度妥協する姿勢も身に付けておくことをおすすめします。

 

 

常に清潔感ある装いを意識する

50代 マッチングアプリ

50代になると外見も老いを見せるようになるため、容姿などに気を使う方も少なくなります。しかし、50代でも必ず意識しておきたいポイントがあります。それが清潔感です。

 

ボサボサの髪型、無精髭、不快な口臭や体臭、服のシミやシワなどは、相手の心にマイナスの感情を植え付けてしまいます。「毎回、アプリ内では調子が良いのに、実際に会うと進展しない」という方は、一度自身の清潔度チェックを行ってください。

 

シャツにアイロンをかける、白髪染めを施す、髪をきれいにセットする、50代らしい落ち着いた服装を意識するなど、さまざまな角度から清潔感アップを目指してみましょう。

 

 

1回の失敗で落ち込まない

恋活、婚活に失敗はつきものです。パートナー探しを行うときは、1回の失敗で落ち込むことをやめましょう。

 

よく、失敗をすると心のリセットのために恋活や婚活をやめてしまう方がいます。もちろん失敗の回数が積み重なってきたときに、リフレッシュの意味を込めて休息をとることはあります。しかし、1度の失敗で恋活や婚活を中断させてしまうのはあまりにもったいなさすぎます。

 

他の分野と同じく恋活や婚活も失敗を教訓にすることで成功を引き寄せます。そのため、マッチングアプリでミスをしても「次回以降は気をつけよう」「この失敗を次に活かそう」といったプラス思考を忘れないようにしてください。

 

50代の恋活、婚活は限られた時間内でパートナー探しを行う必要があるため、1度の失敗で落ち込むのは非効率的です。失敗を恐れず、素敵なパートナー探しに励んでみましょう。

 

まとめ

50代 マッチングアプリ

近年の50代はひと昔前と比較すると、素敵なパートナーが見つかりやすい環境が整っています。しかし20代、30代の若年層よりも、難易度が高くなるのは紛れもない事実です。

 

そのため、マッチングアプリの正しい選び方やパートナー探しのコツなどをしっかりと実践することをおすすめします。老後の生活を幸せにするために、頑張ってください。

 

ページの先頭へ戻る